五穀豊穣を祈るお祭り

由布院盆地まつりは湯布院を代表する夏のお祭りのひとつです。由布院盆地まつりは五穀豊穣を祈るお祭りで、昔から地元の人々によって行われてきました。毎年8月15日には、由布院盆地まつりのメインともなる「蝗攘祭(こうじょうさい)」が行われます。このお祭りの主役は、平安時代の源平の戦いによって敗れてしまった平家の武将です。その名も実盛(さねもり)どんと呼ばれ、このお祭りでは実盛どんの霊を慰めます。そうすることで五穀豊穣を祈るのです。お祭りでは実盛どんに扮したわら人形が通りのあちらこちらにあり、実にユニークな顔を披露してくれます。わら人形やたいまつを手に持った人々が通りを練り歩いた後、川の三角州のところでわら人形を投げ込んで虫追いが行われます。由布院の駅前には、はっぴにハチマキ姿の若い男衆たちがずらりと整列しており、笛をふいたり太鼓をたたいたりして、お祭りを大いにももりあげてくれます。通りにはたくさんの観客がいてお祭りはとても盛り上がります。祭りの最後には打ち上げ花火が夜空に放たれます。花火大会では、大輪の花火が次々に打ち上げられます。その1年間に亡くなった方たちの霊を慰めるために、万灯籠火祭りが行われ、約1000人もの踊り子たちが供養のための盆踊りを踊ります。